グローバリズムこそ健全な民主主義を破壊する元凶である!

ホーム フォーラム 【政治】保守教導連隊 グローバリズムこそ健全な民主主義を破壊する元凶である!

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の投稿者がいます。3 年、 2 ヶ月前 Muse さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #4546

    Muse
    参加者

    「新世紀のビッグブラザーへ」の記事
    http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

    ここで述べられている通り、自由平等、民主主義、マイノリティの保護が成立するためには、「国民が互いに同朋意識を持つこと、すなわちナショナリズム」が不可欠なのである。

    我が国においても、戦後、GHQの占領下において、いわば外圧によってアメリカン・デモクラシーなるものが(あのろくでもない現行憲法とともに)導入されることになったが、そもそもわが日本民族は建国以来、天皇と皇室を精神的支柱(国体)とする悠久の歴史と伝統を誇り、それこそ、「世界に冠たるナショナリズム」を実践してきた民族であった。また、我が国においては、十七条憲法に示されている通り、「和の精神」を重んじ、天皇は民を大御宝(おおみたから)として慈しむ歴史伝統が続いてきた。よって、日本民族は西欧流のデモクラシーに頼らずとも、日本独自の君民一体の民主主義、それこそ「世界に冠たる民主主義」を実践してきた民族なのである。

    翻って、米国は、ベトナム戦争の泥沼化から生じた反戦運動の高まりによって建国精神(ピューリタニズム)に基づく伝統的価値観=ナショナリズムが崩壊していった。さらにレーガノミック(新自由主義)とそれに続くグローバル金融資本主義によって米国は超格差社会となり、米国国民は分裂し、民主主義の基盤であるナショナリズムは完全に崩壊するに至ったのである。その象徴が、今、全米各地で起きている反トランプ暴動であるといってよい。

    したがって、(排外主義や差別主義ではない)健全なナショナリズムこそが「国民主権=健全な民主主義」の基盤なのであって、国民を分裂させるグローバリズムは国民主権を破壊する元凶なのである。

    ゆえに、ナショナリズムを排外主義、レイシズムなどと的外れなレッテル張りを行い、欧州の健全なナショナリズム政党を「極右政党」などと呼び捨てる日本の反日マスゴミ連中こそ民主主義の敵である!と断ずることができる。

    • このトピックは Museが3 年、 2 ヶ月前に変更しました。

このトピックに返信するにはログインが必要です。