返信先: ロシア軍シリアから撤退って言うけどSu-34,Su-25,Su-24Mだけかな?

ホーム フォーラム 【軍事】軍事方面普通科連隊 ロシア軍シリアから撤退って言うけどSu-34,Su-25,Su-24Mだけかな? 返信先: ロシア軍シリアから撤退って言うけどSu-34,Su-25,Su-24Mだけかな?

#6800
TakaQ
TakaQ
参加者

>ああこれが、お花畑な人の解釈
お花畑か否かは別として、私が想像している一般の方のイメージでは、60発の巡航ミサイルが、発射されたところから目標地点まで最短距離で真っ直ぐに縦一列(2隻から撃ってるので30発づつ2列でも可)に並んで飛んでいって順に着弾するというものになるかと

これだと迎撃ミサイルなんて不要で、対空機関砲で全て迎撃できるような優しい世界なんですが、現実はそんなヌルくないです

巡航ミサイルの誘導ってのは、カーナビの経路設定を3次元化したようなもので、基本GPSで行うんですが、それに加えてデジタルマッピングいいまして高低差含む詳細な地形データを持たせてあって、防空レーダーを避けるよう事前に設定されたコースに沿って、超低空を維持しながら山間や谷間を縫うように実際の地形を照合しながら追随飛行します

ものによって射程は2500~3000㎞ほどありますが、当然地形追随で回り道しながら飛行しますから実際は1000~1500㎞くらい離れたところから使うのが普通でして、同時に複数弾発射する場合、一発として同じ飛行コースになんて設定しません

艦艇から発射する場合、全弾同時に打つわけではなくて数秒おきに順に発射していきますから、全部同じコースに設定していると、冒頭で書いたように迎撃してくださいと言わんばかりの、縦一列で等間隔に並んだ目標突入になってしまいます

経路設定の時点で、発射してから目標に到達するまでの時間は判りますから、撃ち始めのほうは遠回りに目標に回り込むような経路にしておき、撃ち終わりのほうを最短距離に近い経路に設定すれば、目標に対して全周囲から60発を同時着弾させるという鬼畜な作戦が可能ですし、実際米軍はそうしてるはずです

シリアの防空レベルやロシアが支援している応急の迎撃システムで対処できるレベルでは無いので、そら普通にやられますし、全弾バラバラのコースで飛んで来ますから、着弾するまでどこに向かってきてるのかすら判らないという有様でしょう
地上の防空レーダーを避けて低空を地形追随される以上、上空にAWACS(早期警戒管制機)でも上げて上から地表スレスレをサーチしておかない限り、迎撃どころか補足追尾することすら不可能です
私がロシア側の発表(半数以上失敗)がブラフだと見る根拠です

ちな、さらに鬼畜度を上げて亜音速の巡航ミサイルだけでなくて、さらに迎撃が難しい超音速ミサイルも混ぜて同時に目標を狙うという方法もありまして、実際にこのエクストラハードモード演習を依頼してみたところ、100%の迎撃成功率を叩き出して米軍を白目にした自衛隊高射特化とかいう変態集団と、03式中距離地対空誘導弾(改)とかいう国産変態装備品が存在します
https://ja.wikipedia.org/wiki/03%E5%BC%8F%E4%B8%AD%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E5%9C%B0%E5%AF%BE%E7%A9%BA%E8%AA%98%E5%B0%8E%E5%BC%BE#.E5.BE.8C.E7.B6.99.E3.82.B7.E3.82.B9.E3.83.86.E3.83.A0