返信先: 予断を許さぬ米国大統領選挙-グローバリズム終焉の幕開けとなるか?

ホーム フォーラム 【政治】保守教導連隊 予断を許さぬ米国大統領選挙-グローバリズム終焉の幕開けとなるか? 返信先: 予断を許さぬ米国大統領選挙-グローバリズム終焉の幕開けとなるか?

#4470

Muse
参加者

FBIがヒラリー訴追を断念した結果、支持率に差が開いたようだ。もちろん、ヒラリー優勢。
http://www.sankei.com/world/news/161107/wor1611070007-n1.html
http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201611/0009645184.shtml

おそらく、このままでは次期大統領はヒラリー・クリントンになるだろう。2012年にリビア大使スティーブンスが惨殺された「ベンガジ事件」で明るみに出た通り、ヒラリーはイスラム・テロ組織への武器供給に関わっていた中心事物である。
http://blog.goo.ne.jp/a01549200/e/f1311f566bb0159e9cefd34a9610ff09

ネオコン勢力をバックに涼しい顔で数々の謀略工作を行ってきた凶悪犯罪者が超大国のトップに!

さて、安倍政権は近日中にTPP法案を可決させることになるが、ヒラリーは大統領就任後、ほどなくして必ずやTPPの再交渉を求めてくるだろう。そのとき、安倍総理はその要求を突っぱねることができるだろうか?もちろん、”腰抜け売国奴”の巣窟たる外務省はヒラリーの要求に唯々諾々と従うであろう。

もし、安倍総理が、他の歴代総理と同様に”米国の属国たる本領”を発揮してTPP再交渉に応じる姿勢を見せるならば、もはや安倍政権は断じて保守政権に非ず!アホ野党どもに手を貸してでも”アベ反日売国政権”を打倒しなければならない。