返信先: 事に備えるという発想がないから恥を晒すんやで(小声)

ホーム フォーラム 【政治】保守教導連隊 事に備えるという発想がないから恥を晒すんやで(小声) 返信先: 事に備えるという発想がないから恥を晒すんやで(小声)

#1813
さわちよ
さわちよ
参加者

>豊臣姓
すまん書き間違えた。羽柴だね。
物語は信長が伏兵置いてて本能寺で光秀が失敗してスタート。それを知らずに中国大返しした秀吉と、光秀の動きを知ってたと思われる家康が睨まれて、それぞれ中国、四国討伐を命じられ。で、やべぇバレてると思った2人は西国纏めて信長と雌雄を決そうとして結局負け。で、その合間に伊達は北を押さえると。
ついでに織田の養子が幸村だったかと。まぁサムライ・フィクションだわな。基本伊達と琉球は立場は下ね。
インドネシアに落ち延びた家臣団と信長死んだ後の幸村が戦ってた(もうみんなお年寄)

>惑星間移住できる技術力
こっちは次の戦争ではほぼ人類絶滅なんで、日本人の血統残すためにはとにかく有人ロケット作らなきゃって1960年代の設定だったかな。当然行き先はない w
日ソ代理のナム戦もあったような(別の話かも知れんけど)
で作家はすべてのお話が未完という大サトーなんで、そこで終わり w(ミリタリ的には楽しかった)