返信先: 「現状維持」 台湾8年ぶり政権交代

ホーム フォーラム 【未分類】憂国雑事 「現状維持」 台湾8年ぶり政権交代 返信先: 「現状維持」 台湾8年ぶり政権交代

#1348
TakaQ
TakaQ
参加者

>囲魏救趙
元々あの国は隣接国が多過ぎて国境紛争起こしてる場所がやたらありますから、常時デフォルト囲魏救趙みたいなもんですよw
http://matome.naver.jp/odai/2140811708752155701
http://ichiranya.com/society_culture/041-territorial_issue_of_china.php
中でも露、印、越あたりは油断できない相手でしょう
日米? はてなんのことかな(棒

>電子情報が情報の主になってますし、偽情報をうまく生かせれば色々出来そうではあります
>未知数過ぎますかねぇ
解りやすい例を一つ上げるとすると、これを見ると如何に米国が圧倒であるかが解ります
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%88%A6%E6%A9%9F#.E4.B8.BB.E8.A6.81.E5.90.84.E5.9B.BD.E3.81.AE.E9.9B.BB.E5.AD.90.E6.88.A6.E6.A9.9F
開戦初日にレーダーと通信系を全て麻痺させられる(目と耳と口を塞がれる)のを想像していただければ、その無理ゲ感がよく理解できるかと

>「J-20が配備されるまでは有事は起こらない」とも読めますが、
>そのように誤解させる為の情報とも読めますね
アカ共のやり口として、安保体制への妨害(難癖無双)であるとか、国防意識自体の否定(戦意喪失)へ対象国の世論を誘導しようとするのは基本テンプレートの一つですから、それの一環でしょうな

>黄色の機体は去年の年末に飛んでた
実際に運用が始まるのなら既存のレーダーでJ-20のRCSがどの程度なのかが解りますからむしろ好都合じゃないでしょうか
視距離500kmクラスだと
AN/SPY-1:海自と米海軍のイージス搭載型護衛艦、巡洋艦、駆逐艦
AN/APY-9:空自と米海軍のE-2D早期警戒機
AN/APS-145:空自と米海軍のE-2C早期警戒機
AN/APY-2:空自のE-767と米空軍のE-3C早期警戒管制機
あたりでしょうが、このへんのシロモノからどう見えるかによって、日米の現用戦闘機が搭載している
AN/APG-63(V)*(F-15C/D/J/DJ/)
AN/APG-68(V)*(F-16C/D)
J/APG-2(F-2A/B)
AN/APG-79(FA-18E/F、EA-18G)
AN/APG-81(F-35A/B/C)
AN/APG-77(F-22A)
でおおよそどの程度の距離から補足可能かが判りますから
これは私見ですが、そうやって実はRCSが第4世代機と大して変わらないとかいうのがバレるのを嫌がって、前面には出してこないと見てますw

>黄色の機体は去年の年末に飛んでた
黄砂迷彩かな(小並感)
あの中はレーダー無意味だし何よりエンジン止まると思うがw

>するの? カナード付いてるけど、するの
ソース元のフォントが見づらいのでちょいと修正

http://mayuge2000.tumblr.com/post/58416055065/各国戦闘機のrcs


【各国戦闘機のRCS】
J-11 = 10 ~ 15㎡
Su-27 = 10 ~ 15㎡
F-15C = 10 ~ 15㎡
トーネード = 8㎡
F-4 = 6 ~ 15㎡
F-104 = 5 ~ 10㎡
MIG-29 = 5㎡
J-11B = 3 ~ 5㎡
Su-35 = 3 ~ 5㎡
J-10 = 3 ~ 5㎡
MIG-21bis = 3㎡
F-16 = 1 ~ 2㎡
M2000 = 1 ~ 2㎡
MiG-29K = 1 ~ 2㎡
F/A-18E = 1㎡
F-2 = 0.8 ~ 1㎡
JAS-39 = 0.5㎡
Su-47 = 0.3㎡
ラファール = 0.1 ~ 0.2㎡
MIG-44 = 0.1㎡
タイフーン = 0.05 ~ 0.1㎡
F-117A = 0.001 ~ 0.01㎡
F-35A = 0.00143㎡
F-22A = 0.00018㎡
【AWACS(E-3C)による捕捉距離をRCS=1㎡( 250~300km)で算出】
F-15C & Su-27 = 450 ~ 600km
トーネード = 420 ~ 500km
MIG-29 = 370 ~ 450km
F/A-18C = 330 ~ 395km
F-16C = 260 ~ 310km
JAS39 = 210 ~ 250km
Su-47 = 185 ~ 220km
ラファール = 140 ~ 200km
F-18E = 140 ~ 170km
MIG-42 = 140 ~ 170km
タイフーン = 120 ~ 170km
F-35A = 50 ~ 60km
F/A-22 = 30 ~ 45km
具体的にイメージできるもので例えると、F-117で小鳥~虫、F-35で蚤、F-22で花粉くらいでしょうか、如何にF-22がマジキチかが判ります(白目)
露のPAK FAですらステルス性はF-35に遠く及ばない(F22の100倍、F35の10倍)と言われてますから、いかに圧倒的なRCS値であるか、逆に言うと未だに空自はF-35をやめてタイフーンやらスパホにしろやら言う輩がたまに湧きますが、単にアホを曝しているだけなのに気付いていない可哀想な人達です
そら開発費がマジキチですからマジキチなものができて当然という話ではありますが、話戻って中華ステルスが果たしていかほどなのかは、上でもふれてますが運用されはじめればおのずと判る話です
そもそもF-22のほうを意識しとる時点でアビオニクスこそ何よりも大事である点を理解できてない空気を感じるのですが、これが如何にヤバいかを理解していればF-35こそ最大の脅威であることに気づかないとか有り得ない
AESAレーダー

分散開口システム

どう考えてもキングオブチート、マジキチ マジキチ & マジキチで第4世代機じゃまったく勝負になりません ほんとうにありがとうございました
つまり単機で電子戦やれちゃうレベルのアビオニクス(マジキチレーダーにマジキチセンサーにマジキチ火器管制装置にマジキチHMDとそれを制御するマジキチソフトウェア)があるからこそ強力なのであって、ステルス性だけあったところで仕方ないことに気づいているのだろうか
F-35とか作業工数の4割がそのソースコード作成よ(最後のほうの行)
https://ja.wikipedia.org/wiki/F-22_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)#.E3.82.A2.E3.83.93.E3.82.AA.E3.83.8B.E3.82.AF.E3.82.B9

>カナードには「デマ、虚報」なんて意味も有る
まさか、そんなまさかF-35にすら及ばないRCSでF-22に匹敵するだなんてデマは、あの欺瞞とは無縁の中共が言うわけないでしょうし、F-35どころかPAK FAにすら及ばないなんてことはないと思います(棒

>ジェラルミンの下地ってこの色で塗装
黄色とは限らんと思うんですがソレはw
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/45845474.html

>J-16電子戦機かっこいいな
技研「あるぞ」
http://matome.naver.jp/odai/2142217816839996101/2142259491727957803


http://blogs.yahoo.co.jp/gfskyer/GALLERY/show_image_v2.html?id=http%3A%2F%2Fblogs.c.yimg.jp%2Fres%2Fblog-c6-47%2Fgfskyer%2Ffolder%2F1530116%2F68%2F66658868%2Fimg_6%3F1381328739&i=1
http://www5.kjclub.com/UploadFile/exc_board_53/2013/08/06/img_1287707_38603562_0.jpg
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-4c-eb/akkan01/folder/344728/12/8852412/img_1?1346156603

>J-20は未知数過ぎて何とも言えませんぬ
きっと凄い(小並感)

>カナードはロマン。ごはんが進む
余計によく写ってくれるのでBVRが捗ります(小声)
http://www.weblio.jp/content/BVR